最近、リップクリームに近い形の口紅にハマっています。ハマったきっかけは、キャンメイクのステイオンバームルージュでした。

リップクリームのような、口紅のような、それでいてグロスのような・・・不思議な感じに惹かれたんですよね。

モチはあまりよくないですが、唇が荒れることもないし。色付きリップよりもきちんと発色するところが気に入っています。

最近では、スウィーツスウィーツのリップショコラティエも買いましたよ。リップショコラティエ、って。なんだか名前がすごくおいしそうですよね。

とろけるようなつけ心地が気に入っています。ツヤも結構ありますね。私が買ったのは限定の05番です。

ちなみに、05番を買った理由は、とりあえず「限定色」だったから、です。限定だと売り切れちゃったら買えませんもんね。

他の色が気になりましたが、その色は定番色なので。定番色はいつでも買えるので、後回しにしました。だけど、多分そのうち、気になる色も我慢しきれずに買っちゃうと思います。

一度ハマるといろいろ試してみたくなるもので。今は、オペラのシアーリップカラーも気になっています。

ただ、うちの辺では売っていなくて・・・。まだ現品を見たことがないんですよね。今度ちょっと街のほうへ出かける機会があるので、その時に探してみようと思います。

見かけたら・・・買ってしまいそうです。口紅よりも値段が安いから、ついつい手が伸びてしまうんですよね。まだまだ熱が全然冷めないので。これからももっとたくさん集めちゃいそうです。

美容

酵素ドリンクというと女性雑誌をみると大体広告が出ているので知っている女性も多いと思います。酵素を飲み始めている女性も増えてきていますよね。

広告を見ていると効果の面では、ダイエットのことが全面に出ていますよね。置き換えダイエットで痩せようということが多く書かれています。

もちろん酵素ドリンクの効果としてダイエットというのはあっています。酵素を取り入れることによって代謝が高まるので、脂肪を燃焼しやすい体になるので飲んでいるだけでも体重が減っていくことが期待できます。

酵素ドリンクがダイエットにいい理由というのは代謝が上がることが大きな理由です。また置き換えダイエットをする場合には、摂取するカロリーも抑えられるということも理由になります。

代謝が上がるということは、美肌にもいいということなのです。肌のターンオーバーということを聞いたことがあると思いますが、代謝が上がることによって、ターンオーバーの周期が短くなります。

ターンオーバーの周期が短くなることによって、くすんでしまった肌なんかはスグに新しくてきれいな肌に生まれ変わってくるので、いつでもきれいな肌でいられるようになるのです。

酵素の働きについて

野菜・果物

酵素というのは生命を維持する活動のあらゆることに使われるものです。主なことでいうと食べたものの消化や代謝のときに使われます。

酵素は消化のために使われて、余ったものを代謝に回すようにできています。つまり酵素が不足していると代謝の方に回らなくなってしまって、代謝が悪くなって太りやすくなったり疲れやすい体になってしまうということなのです。

酵素は野菜や果物に含まれているのですが、熱に弱く加熱をしてしまったら酵素が破壊されてしまいます。そのため外食がほとんどという食生活をしていると、酵素をほとんど摂取できないということになります。

そこで人気になっているのが酵素ドリンクやサプリメントが注目されているのです。不足してしまっている現代人の酵素を手軽に補うことができて、健康的でキレイにもなれるということから特に女性から人気になっていますね。

酵素サプリメントで人気なのは、ベジーデル酵素粒で価格が手頃ということも人気の理由です。

eat_drink007

年齢を感じさせる部位、それは目もとです。どんなにきれいな人であっても、目もとに小じわがたくさんあれば、年齢を感じさせ、美しさも減少します。そのため私は、目もとのケアを日々意識しています。

具体的にどんなケアをしているのか、それはとても簡単で、アイクリームをこまめに塗るだけです。しかし、こんな簡単なことでも、なかなか継続することは難しいものです。正直私もこのアイクリームをこまめに塗る習慣を作るのに、約2~3か月ほどかかりました。しかし、その効果は如実に表れています。

目もとは顔の皮膚の中で最も薄い場所です。さらに毎日瞬きをすることによって、皮膚がもつ水分も奪われやすい部位です。そのため、毎日のスキンケア時には目もとにもしっかりと化粧水をなじませ、目もとの水分量を向上させ、乳液やクリームで水分が逃げないようにしてあげる必要があります。

そのほか、私が毎日注意していることは、2時間おきにアイクリームをつけることです。2時間おきにアイクリームをつけても、足りないくらいアイクリームをつけるときには目もとが乾燥しています。メイクの上から塗っても十分に効果は期待できるので、目もとの乾燥ケアにアイクリームを使用することをお勧めします。

もし、べたつきが気になる場合は、ジェルタイプを使用しても構いません。クリームよりは保湿効果は劣りますが、2時間おきにつけなおすのであれば十分です。

年齢を感じさせない綺麗な目もとを維持するには努力が必要です。目もとの小じわが気になる方、小じわを作りたくない方はアイクリームを使用しましょう。

tenohira

最近、夏が終わって秋の空気を感じる様になりました。朝晩とても涼しく、空気も乾燥する季節が来たかな、と感じます。さて、乾燥と言えば、美容の大敵ですよね?そんなわけでお肌の保湿ケアが重要になってくるんですが、まぁ、秋に限ったことではないと思います。夏でもエアコンの空気や紫外線等で肌が乾燥しますし。でも、秋から冬はより一層、保湿ケアを頑張る季節です。

特にお風呂上りは要注意ですね。私はお風呂で夜のメイク落としから洗顔まで全部済ませるんですけど、お風呂から上がったら、即行でアヴェンヌウェーターを顔に何プッシュかして、シュッとミストを吹きかけて、ちょっとでもこれからの化粧水の浸透をしやすくします。ミストをしてから自分の手で、ハンドマッサージをする様にしっかりと浸透させて、ここで化粧水の登場です。お気に入りの無印の綿素材の大判のコットンにたっぷりと化粧水を含ませて、しっかりと肌に押し付ける様にパッティングします。
週末等時間に余裕がある時はそのままコットンパックしちゃいます。まぁ、普通のシートパックを使うこともありますが。化粧水のコットンなのでちょっとお得感があります。そんな感じで化粧水をしっかりと浸透させた後は乳液です。

乳液は夏場はさっぱりタイプを使用することが多いです。しっとり乳液だと、肌がベタついて重いんです。ですが、秋からはしっとり乳液にチェンジします。乳液は特にかさつきやすい、口元や頬にたっぷりめに塗り、手に余った物をおでこに付ける感じです。私の保湿ケアは至ってシンプルだと思います。

女性の肌ケアに大切なものとして「デトックス」があります。元来デトックスは体に溜まった毒素を体外に排出するという意味で、これにより体を健康に保つといものです。肌のコンデションと健康な体は切っても切れない関係にあり、表面的にいくら手入れをしても一時的効果しかないことは最近では一般の人でも知るようになりました。

しかしこのデトックスに関して誤解も多いようです。いわゆるデトックス効果の高い食品を多く摂ることで毒素の排出を促すということが主流になっていますが、実際にはこの効果は微々たるものなのです。

もしデトックス食品による解毒や老廃物の除去を考えるなら、同時に厳しいカロリー制限をしないとあまり効果はありません。もし劇的に体内の毒素を排出したいのであれば、最も効果的なものは「発汗」です。運動による発汗が一番望ましいのですが、体力に自信が無かったり、時間も関係で運動をすることが難しいのであれば「サウナ」か「半身浴」が効果的です。

運動でかく汗と外気温度でかく汗は違うという意見もありますが、こと美容面でのデトックスでいうとより多く発汗があるサウナや入浴のほうが効果は高いのです。エステのモミ出しで、老廃物が除去されるのは有名ですが、汗をかくときの体温上昇と内側から毛穴を広げて洗浄する効果は、表面的なスキンケアの数倍も皮膚組織をキレイにしてくれます。

サウナなどは毎日行くことは難しいですが、ぬるま湯の半身浴なら家でも実践できる方法です。江戸時代の「蒸し風呂」ではタオルや洗剤を使わず、この「発汗」だけで体をキレイにしていたのです。半身浴をするときに入浴剤を入れたり、お酒、生姜を袋に詰めたものをネットにいれて使用すると驚くくらいに汗が出て肌がスッキリします。

最高のスキンケアとは、何よりも自分の肌にあったスキンケアの事だと思います。色々なメーカーから沢山の化粧品が販売され、書店へ行けば様々な美容法の書かれた書籍を目にします。

どの化粧品が最高のコスメなのか、どの美容法が最高のスキンケアなのか、それは人によって異なっていて自分にとっての最高を見つけるのは、自分にしか出来ない事なのです。ただし、闇雲に新しい化粧品を使ったり、誰かの美容法を真似してもそれだけでは綺麗になる事は難しいものです。

私がオススメしたいのは、自分の肌の状態やスキンケアの仕方、使っているコスメを日記のように毎日記録する事となります。こうした記録を続ける事によって、自分にはどういったコスメやスキンケアの仕方が適しているのかが、自ずと分かるようになってきます。

また、同じコスメでも普段はトラブルもなく良い感じなのにも関わらず、肌が敏感に傾いている時に使用すると刺激を感じたりする事もあります。記録をする事によって、こうした事も分かる様になってくるので、トラブルを未然に防ぐ事やトラブルを最小限に抑える事も可能です。

面倒に思えるかもしれませんが、一年間はこまめに出来るだけ毎日肌の記録をつけるのが好ましいと言えます。春夏秋冬、同じ人間であっても季節によって肌質は変わるものなので、自分にとって最高のスキンケアを見つけるには、一年間は記録を継続するべきなのです。

一年間続ければ、大体自分の肌のリズムや肌の性格を掴む事が出来るので、後は肌に変化を感じた時や新しいコスメを試した時に記録するだけでも大丈夫になります。

この肌記録によって、自分にとっての最高のスキンケア方法を確立して美肌に生まれ変わる事が出来るでしょう。