乾燥肌で油肌。おまけに大人ニキビもバンバン。このメンドくさい自分の肌と付き合って25年、やっと自分に合ったメンテナンスを手に入れました。
その方法とは、お高い化粧水や美容液、乳液を購入したり、長い時間かけてパックをする事ではなく、ただしっかりと「ゆすぐ」という単純で、水さえあれば誰にだってできる方法でした。

顔を洗うという作業は、以前の私の中ではただの通過点であり、化粧水や乳液をしっかりと塗り込む事が何よりも大切だと考えていました。しっかりと塗り込んでメンテナンスしていても、私の肌は常に化粧水の吸い込みも悪く、なんだか化粧ノリもぱっとしません。まあ、これが私の生まれ持った肌なら一生付き合って行くしかないのかな〜。なんて考えていたそんなある日、実家に帰って化粧を落としているとそれを見ていた母が、「そんなテキトーな顔の洗い方じゃ、落ちるモンも落ちないんじゃない〜?」もっとしっかりすすぎなさいな。と言い残して洗面所を去って行きました。

そう言えば、顔を洗う時っていつも無意識だったな、と、思い返してみると、洗顔石けんのぬるぬるとした感じは手に残っていないくらいですすぎをやめていた、、、確かに私は顔のすすぎ時間が極端に短い。その日から私は、いつもすすぎ終わる所から大体50回を目安にすすぐ回数を増やしてみました。すると、化粧水の吸い込みが良く、かつ、日中無駄なテカリが極端に減り、顔の赤みも消えてきてきました。

朝の洗顔は、お湯でしっかりとすすいだ後、冷たい水でしめれば十分に夜の油も落ち、かつ、余分な油分まで落とさないでお化粧ができるため、化粧直しの回数、ついつい圧塗りする事もなくなりました。しっかりとすすぐという事を気づかせてくれた母に感謝!これからもずっと続けたいおすすめの美容法です。

お風呂が好きです。冷え性なので、身体を温めたいというのもありますし、ボディソープなどのいい香りのするもので癒されたいというのもあります。それにボディスクラブやパックをすることで、お肌の状態を整えたりもできます。

我が家のお風呂には、数種類のボディソープとスクラブが揃えてあります。これはお肌の調子や気分に合わせて、使い分けできるようにです。本当は毎日お湯に浸かりたいのですが、忙しくてそうもいきません。

しかし、週に何回かは入るようにしています。まず、お湯が沸いたらフェイスパックを湯船に浸けておき、頭と身体を先に洗います。そのあとスクラブで肌を磨くのですが、夏場のようにべたべたするときは、さらっとしたタイプのもの、冬場など乾燥しがちなときは、シアバターが入っているようなしっとりタイプのものを使います。

私の場合は、スクラブを肌に馴染ませたら、シャワーで洗い流さずにそのまま湯船に浸かります。すると、スクラブの塩がちょうど溶けて、発汗を促してくれるのです(お店のお姉さんに教えてもらいました)。

湯船に浸かったまま、フェイスパックを貼り、ぼーっと過ごします。毛穴が開いているので、パックの美容液が浸透しやすいそうですよ。ついでにむくんだ足を揉んだりもしています。

ボディソープやスクラブのおかげで、浴室内はいい香りが充満しているので、とても癒されます。入浴することでストレスも解消されるので、心にもお肌にもいいですよ。

合わせてパックやスクラブなどでさらにお肌のケアをするので、相乗効果でお肌の調子がよくなります。少しお疲れ気味の方、お風呂生活を充実させるのをおすすめしますよ。

私はお肌がすごく弱いです。敏感肌でちょっとした刺激でも荒れてしまいます。ですので他の人よりもかなり注意している方だと思います。特にコスメはかなりこだわっています。こだわりというより気をつけていると言った方がいいかもしれません。ほとんどのコスメをオーガニックなものにしています。特にファンデーション、チークなどの肌に直接つけるものに対してです。

以前は敏感肌用のものをずっと愛用していました。それがリニューアルしてしまった辺りから、少しずつ荒れるようになってしまったのです。仕方がないので他のブランドのものを試してみたのですがすべてひどく荒れてしまいました。どうしようか悩んでいたところ、ネットでオーガニックなものがいいとの記事を目にしました。それまでオーガニックは高いだけで効果が現れにくいものだと思い込んでいました。

しかし、使ってみると全然荒れないし、それにクレンジング後のお肌がもう全然違いました。ものすごくお肌がしっとりとするのです。いつもでしたら一日メイクしたお肌をクレンジングすると、疲れたお肌になるのですがオーガニックのものを使うと、潤うのです。そこからチークも変えました。本当はマスカラもグロスも全部をオーガニックなものに変えたいのですがちょっと値が張ります。

なかなかプチプラなものに巡り合えないのが残念なところではあります。あと、ファンデーションもチークも私はネットで購入しています。実店舗がないことも辛いところです。もっとオーガニックコスメが広がればいいのになといつも思っています。

めんどく下がり屋の私は乾燥肌でかゆくなります。
お手入れするときは本当に美容液までぬるのですが、ぬらないときは、化粧水もぬりません。

自分で肌を甘やかさないようにしているといいわけしています。
しかし本当はただめんどくさいだけです。

そのことで、気のせいかシミがふえた気がしました。
美容皮膚科に行ってそのことをはなしたら、乾燥してる状態だと、肌がやけやすくてシミの原因になるらしいです。

しかも、秋になり私は日焼け止めもぬらなくなりました。
そのことも注意されました。

日差しは一年中あるから、日焼け止めは毎回ぬってたほうがいいらしいです。また、曇りの日が意外と晴天の時よりも紫外線が多く降り注いでいるから注意が必要だそうです。

私のめんどくさがり屋が原因でシミとなってすぐでてくるなんてショックでした。すぐシミはできるのに、撮るのは時間がかかります。

また、お金もかかります。サプリも何故か飲んでいなかったのですが、ビタミン剤をすすめられました。紫外線に強くなるそうです。

私はまず、乾燥させないためにシートパックをかうことにしました。ずぼらなわたしでも、シートパックだと毎日できます。

また、日焼け止めは化粧下地がわりに使い体もその際一緒にぬることができるようにしました。

これをして、2ヶ月継続できてます。継続することで、肌もワントーンあがったきがします。

あと、オイルクレンジングをつかわないようにしました。必要なオイルまで、一緒にながしてしまうなど肌に負担も大きいらしいので、肌はクリームクレンジングをつかってます。目元は、オリーブオイルがおすすめです。きれいにアイメイクがとれます。

乾燥肌におすすめなのが、ヨーグルトはちみつぱっくです。まず、お風呂入る前にクリームメイク落としを顔につけます。そのあと、お風呂にはいるのですが、蒸気でメイクを浮かせおちやすくします。その後泡をたてた洗顔で優しくあらいます。

そして、秘密兵器!ヨーグルトとはちみつです。無糖のヨーグルトにはちみつを軽く入れ、小麦粉をいれます。そして、少し固まりのヨーグルトを顔にのせ、そのままパックしたまま、浴槽にはいり、10分程度であらいながします。

このとき、アレルギーのかたは、荒れるのでやめましょう。たぶん、少しのせただけでも、赤くなったり、痒くなったりします。

私はアレルギーではないので、ヨーグルトで肌を柔らかくし、小麦粉で汚れをとり、はちみつで乾燥肌を防ぐみたいで、もちもちした肌になりました。

これは、1日だけではわかりません。継続して、すぐに結果がでなくてもおて入れ続けたら少しずつかわってきます。私の場合、肌色がしろくなったことから変わってきました。

お風呂は毎日はいるものなので、その時間を利用することで、習慣にすることが継続の秘訣です。また、お風呂あがりにすぐ化粧水がぬれるように、用意してます。

実際、美容部員の方から聞いたはなしですが、お風呂上がった後が一番乾燥するから、水分をタオルで全部拭くのではなく、体と顔にパッティングした方が良いとおしえてもらいました。

なので、パッティングもですが、まず化粧水をコットンで含ませお肌に吸収するようにしてます。これをしはじめ、冬になって、顔があれなくなりました。

最近、リップクリームに近い形の口紅にハマっています。ハマったきっかけは、キャンメイクのステイオンバームルージュでした。

リップクリームのような、口紅のような、それでいてグロスのような・・・不思議な感じに惹かれたんですよね。

モチはあまりよくないですが、唇が荒れることもないし。色付きリップよりもきちんと発色するところが気に入っています。

最近では、スウィーツスウィーツのリップショコラティエも買いましたよ。リップショコラティエ、って。なんだか名前がすごくおいしそうですよね。

とろけるようなつけ心地が気に入っています。ツヤも結構ありますね。私が買ったのは限定の05番です。

ちなみに、05番を買った理由は、とりあえず「限定色」だったから、です。限定だと売り切れちゃったら買えませんもんね。

他の色が気になりましたが、その色は定番色なので。定番色はいつでも買えるので、後回しにしました。だけど、多分そのうち、気になる色も我慢しきれずに買っちゃうと思います。

一度ハマるといろいろ試してみたくなるもので。今は、オペラのシアーリップカラーも気になっています。

ただ、うちの辺では売っていなくて・・・。まだ現品を見たことがないんですよね。今度ちょっと街のほうへ出かける機会があるので、その時に探してみようと思います。

見かけたら・・・買ってしまいそうです。口紅よりも値段が安いから、ついつい手が伸びてしまうんですよね。まだまだ熱が全然冷めないので。これからももっとたくさん集めちゃいそうです。

美容

酵素ドリンクというと女性雑誌をみると大体広告が出ているので知っている女性も多いと思います。酵素を飲み始めている女性も増えてきていますよね。

広告を見ていると効果の面では、ダイエットのことが全面に出ていますよね。置き換えダイエットで痩せようということが多く書かれています。

もちろん酵素ドリンクの効果としてダイエットというのはあっています。酵素を取り入れることによって代謝が高まるので、脂肪を燃焼しやすい体になるので飲んでいるだけでも体重が減っていくことが期待できます。

酵素ドリンクがダイエットにいい理由というのは代謝が上がることが大きな理由です。また置き換えダイエットをする場合には、摂取するカロリーも抑えられるということも理由になります。

代謝が上がるということは、美肌にもいいということなのです。肌のターンオーバーということを聞いたことがあると思いますが、代謝が上がることによって、ターンオーバーの周期が短くなります。

ターンオーバーの周期が短くなることによって、くすんでしまった肌なんかはスグに新しくてきれいな肌に生まれ変わってくるので、いつでもきれいな肌でいられるようになるのです。

酵素の働きについて

野菜・果物

酵素というのは生命を維持する活動のあらゆることに使われるものです。主なことでいうと食べたものの消化や代謝のときに使われます。

酵素は消化のために使われて、余ったものを代謝に回すようにできています。つまり酵素が不足していると代謝の方に回らなくなってしまって、代謝が悪くなって太りやすくなったり疲れやすい体になってしまうということなのです。

酵素は野菜や果物に含まれているのですが、熱に弱く加熱をしてしまったら酵素が破壊されてしまいます。そのため外食がほとんどという食生活をしていると、酵素をほとんど摂取できないということになります。

そこで人気になっているのが酵素ドリンクやサプリメントが注目されているのです。不足してしまっている現代人の酵素を手軽に補うことができて、健康的でキレイにもなれるということから特に女性から人気になっていますね。

酵素サプリメントで人気なのは、ベジーデル酵素粒で価格が手頃ということも人気の理由です。

eat_drink007

年齢を感じさせる部位、それは目もとです。どんなにきれいな人であっても、目もとに小じわがたくさんあれば、年齢を感じさせ、美しさも減少します。そのため私は、目もとのケアを日々意識しています。

具体的にどんなケアをしているのか、それはとても簡単で、アイクリームをこまめに塗るだけです。しかし、こんな簡単なことでも、なかなか継続することは難しいものです。正直私もこのアイクリームをこまめに塗る習慣を作るのに、約2~3か月ほどかかりました。しかし、その効果は如実に表れています。

目もとは顔の皮膚の中で最も薄い場所です。さらに毎日瞬きをすることによって、皮膚がもつ水分も奪われやすい部位です。そのため、毎日のスキンケア時には目もとにもしっかりと化粧水をなじませ、目もとの水分量を向上させ、乳液やクリームで水分が逃げないようにしてあげる必要があります。

そのほか、私が毎日注意していることは、2時間おきにアイクリームをつけることです。2時間おきにアイクリームをつけても、足りないくらいアイクリームをつけるときには目もとが乾燥しています。メイクの上から塗っても十分に効果は期待できるので、目もとの乾燥ケアにアイクリームを使用することをお勧めします。

もし、べたつきが気になる場合は、ジェルタイプを使用しても構いません。クリームよりは保湿効果は劣りますが、2時間おきにつけなおすのであれば十分です。

年齢を感じさせない綺麗な目もとを維持するには努力が必要です。目もとの小じわが気になる方、小じわを作りたくない方はアイクリームを使用しましょう。

tenohira

最近、夏が終わって秋の空気を感じる様になりました。朝晩とても涼しく、空気も乾燥する季節が来たかな、と感じます。さて、乾燥と言えば、美容の大敵ですよね?そんなわけでお肌の保湿ケアが重要になってくるんですが、まぁ、秋に限ったことではないと思います。夏でもエアコンの空気や紫外線等で肌が乾燥しますし。でも、秋から冬はより一層、保湿ケアを頑張る季節です。

特にお風呂上りは要注意ですね。私はお風呂で夜のメイク落としから洗顔まで全部済ませるんですけど、お風呂から上がったら、即行でアヴェンヌウェーターを顔に何プッシュかして、シュッとミストを吹きかけて、ちょっとでもこれからの化粧水の浸透をしやすくします。ミストをしてから自分の手で、ハンドマッサージをする様にしっかりと浸透させて、ここで化粧水の登場です。お気に入りの無印の綿素材の大判のコットンにたっぷりと化粧水を含ませて、しっかりと肌に押し付ける様にパッティングします。
週末等時間に余裕がある時はそのままコットンパックしちゃいます。まぁ、普通のシートパックを使うこともありますが。化粧水のコットンなのでちょっとお得感があります。そんな感じで化粧水をしっかりと浸透させた後は乳液です。

乳液は夏場はさっぱりタイプを使用することが多いです。しっとり乳液だと、肌がベタついて重いんです。ですが、秋からはしっとり乳液にチェンジします。乳液は特にかさつきやすい、口元や頬にたっぷりめに塗り、手に余った物をおでこに付ける感じです。私の保湿ケアは至ってシンプルだと思います。

女性の肌ケアに大切なものとして「デトックス」があります。元来デトックスは体に溜まった毒素を体外に排出するという意味で、これにより体を健康に保つといものです。肌のコンデションと健康な体は切っても切れない関係にあり、表面的にいくら手入れをしても一時的効果しかないことは最近では一般の人でも知るようになりました。

しかしこのデトックスに関して誤解も多いようです。いわゆるデトックス効果の高い食品を多く摂ることで毒素の排出を促すということが主流になっていますが、実際にはこの効果は微々たるものなのです。

もしデトックス食品による解毒や老廃物の除去を考えるなら、同時に厳しいカロリー制限をしないとあまり効果はありません。もし劇的に体内の毒素を排出したいのであれば、最も効果的なものは「発汗」です。運動による発汗が一番望ましいのですが、体力に自信が無かったり、時間も関係で運動をすることが難しいのであれば「サウナ」か「半身浴」が効果的です。

運動でかく汗と外気温度でかく汗は違うという意見もありますが、こと美容面でのデトックスでいうとより多く発汗があるサウナや入浴のほうが効果は高いのです。エステのモミ出しで、老廃物が除去されるのは有名ですが、汗をかくときの体温上昇と内側から毛穴を広げて洗浄する効果は、表面的なスキンケアの数倍も皮膚組織をキレイにしてくれます。

サウナなどは毎日行くことは難しいですが、ぬるま湯の半身浴なら家でも実践できる方法です。江戸時代の「蒸し風呂」ではタオルや洗剤を使わず、この「発汗」だけで体をキレイにしていたのです。半身浴をするときに入浴剤を入れたり、お酒、生姜を袋に詰めたものをネットにいれて使用すると驚くくらいに汗が出て肌がスッキリします。